HOME > 製品情報 > ネットワーク > Wi-Spy

ネットワーク | 無線LANツール

ビットリーブ

Wi-Spy

USBスペクトラムアナライザ

概要
Wi-Spy(ワイスパイ)は、安価で簡単なUSBタイプのスペクトラムアナライザです。無線LAN 802.11a/b/g/nで使用されている無線帯域は、Bluetooth、 Zigbee、HomeRF、音響機器などに使用されており非常に混雑している帯域です。そのため電波干渉などのさまざまなインターフェースの問題が多く、物理的な問題を解決するためには高価なスペクトラムアナライザが必要になりました。Wi-Spy は、2.4GHz・5GHz・900MHzの帯域で使用されるWiFiなどの無線LANなどに生じる問題を低コストで解決します。

5GHz帯と2.4GHz帯の2バンド対応「Wi-Spy DBx」新登場

 

Wi-Spy DBxは、無線LAN 802.11a等で使用される5GHz帯域と 802.11b/g/n等で使用される2.4 GHz帯域の両方の帯域が測定できるUSBスペクトラムアナライザです。
Wi-Spy DBxは、2.4GHz帯域と5GHz帯域で使用されるWiFiなどの無線LANなどに生じる問題を低コストで解決します。

 

遠隔アダプタを使って簡単リモート接続

 

解析ソフトウエアChanalyzerを使用すると遠隔に接続されたWiSpyデータをローカルに接続したのと同じように解析やデータ記録を行う事ができます。小型の遠隔アダプタを使用すると、リモート接続を簡単に行うことができます。

 

Wi-Spy指向性アンテナ

 

Wi-Spy 指向性アンテナDeviceFinderは、2.4GHz帯のデバイスの発信源を特定するために開発されたWi-Spy用のアンテナです。ChanalyzerPro解析ソフトウェアのDevice Finder機能を使用して、指向性アンテナの方向を変化させてスペクトラムの強弱を確認することにより、発信源を特定することができます。Wi-Spy2.4x及びWi-SpyDBxの両機種でご使用いただけます。

 

 

Wi--Spyタイプ別仕様

 

 


◆ダウンロード


Chanalyzer お試し版 ダウンロードは、こちらから

 

 


ネットワークへ戻る